So-net無料ブログ作成

青島、済南 [中国]

中国出張の残りの写真です。
青島の湾内に出来た長い橋です。

DSC04037.jpg

風が強いですが、車も少なく爽快なドライブ。

DSC04035.jpg


対岸の高層ビル群。 規模が大きいです。

DSC04039.jpg


所々、吊り橋になっています。日本の技術が入っていそうです。

DSC04044.jpg


青島から済南へは、レンタカーをして移動しました。350kmぐらいで、東京ー名古屋間ぐらいでしょうか? 何処までも真っすぐな高速道路です。

DSC04050.jpg


途中のドライブインのトイレは、こんな日本語です。ちょっと残念。

DSC04051.jpg


青島のホテルのベッドサイドテーブルには、こんな怪しげなパッケージが。。不思議な日本語が氾濫しています。

DSC03983.jpg


済南の名物の焼き餃子。羽がついていましたが、お味は日本の焼き餃子が断然美味しいです。

DSC04054.jpg


済南から北京は、高鉄(新幹線)に乗って帰りました。 どの駅も巨大なステーションになっていて、構内の移動だけで疲れます。

DSC04055.jpg


北京ー成田の帰国便の機内食。 北京ー羽田にANAは787を定期運行させているようなので、今度乗ってみます。

DSC04077.jpg

新疆ウイグル自治区 [中国]

中国の新疆ウイグル自治区に行ってきました。省都である、ウルムチから更に西の果ての地、「伊寧」に行ってきました。イリと読みます。大雪で、飛行機を6時間待ったあげくのキャンセルになったりと、大変な思いをしました。

イリに向う飛行機が無いため、しかたなくウルムチに滞在。ここでも晩餐の歓迎を受けました。

ここでは、毎日が羊料理です。色々な料理方法がありますが、単に炭焼きとかが美味しいです。こちらの串刺しは、香辛料たっぷりですが、これも美味しい!

DSC03907.jpg

料理が食べきれないくらいです。

DSC03906.jpg


地元、回族の踊りの余興。 

DSC03911.jpg


翌日、再度飛行機のチケットを買い直し、イリへ向け出発。多少遅れましたが、無事到着!

DSC03912.jpg


夏は北海道みたいなところで、とても良いところだそうです。

DSC03916.jpg

数年ぶりの大雪だそうです。 帰りも飛行機が飛ぶかヒヤヒヤものでした。(後の予定がびっしりだったので。)

DSC03917.jpg


翌朝、これで北京時間7時ぐらいですが、この暗さ。 中国国内で時差が無いのは、市民生活にも問題を生じさせています。

DSC03927.jpg


イリでは、日曜日にも関わらず、大勢の方が私の講演会に来て下さり、民間レベルでは、日本と中国は切っても切れない関係にあるなと思いました。ホテルでの晩餐会も大変歓迎して頂きました。中国でも漢族以外の民族とも仲良くしたいものです。

お昼は、こちらのイリ料理店へ行きました。

DSC03920.jpg

内装は、こんな感じ。もはや中国ではないですね! この地区はウイグル族と回族が多いです。

DSC03922.jpg

麺類が美味しいです。中国の麺は普通コシが無く、スープで伸びてしまっているのが普通ですが、こちらは、日本のうどん並みにコシがあり、味付けも日本人好みです。右上は、ピラフみたいなものですが、日本風の茶碗で出てきます。右下が、ジャージャー麺のようなイリの麺。スープは、タイのトムヤンクンに似ていました。

DSC03924.jpg

こちらの黒いソーセージのようなものは、馬肉料理です。 この店の一押しだそうです。高級料理で、地元でも裕福な人しか食べられないそうです。手前は、豚饅頭なのですが、羊肉で、表面を香ばしく焼いてあります。これが忘れられないぐらい美味しいです。

DSC03926.jpg

夏場出直したい地です。地元の方々に来訪を約束して、次の北京に移動しました。
北京で宿泊した、ヒルトンホテル、北京首都国際空港。 中国国内では、びっくりの価格設定でした。

DSC03899.jpg

長府宮飯店 北京ニューオータニホテル [中国]

今回の2週間の出張中、北京には4泊しましたが、ヒルトンに2泊、この長府宮飯店(チャンフーゴン ファンデェン)に2泊しました。 北京の日本大使館に至近で、日本の首相や大臣、高官もこのホテルを利用します。老朽化が進んでいて、今まであまり印象が良くなかったのですが、順次リニューアルが進んでいて、今回は、エグゼクティブクラスにアップグレードしてくれたので、記事にしたいと思います。

エグゼクティブフロアの一番お安いお部屋ですが、自分は充分な広さと思います。インテリアや設備が新しくて気持ちよいです。

DSC04061.jpg

日系ホテルらしく、ウォシュレット完備。

DSC04062.jpg


アメニティーグッズは、ロクシタンで統一。これは昨今、一流ホテルの証になっていますね。

DSC04066.jpg

エグゼクティブフロアーですから、ラウンジ使い放題です。

DSC04072.jpg

こちらもリニューアルで奇麗になっていました。日中の不安定な政治情勢の中、流石にお客の数が少ないです。

DSC04071.jpg


自室から外を見ると、各国大使館や公邸のある地域です。日本大使館も見えますね。

DSC04073.jpg


よく見えない方に、望遠で。。 ビルの谷間に見える、白い洋館がそうです。暴徒化した中国人が乱入しそうになった映像が記憶に新しいです。

DSC04074.jpg


北京ニューオータニホテルは、北京の一等地に建つホテルです。

DSC04070.jpg


日本人用の賃貸マンションもあって、こんなコンビニが付属していて、日本食も売っています。私は、日本の同僚へのお土産はこちらで買う事が多いです。

DSC04069.jpg


おまけ。
これは、済南から北京まで高鉄(新幹線)に乗った時のサービス。一等席だと時々あります。お姉さんがワゴンで運んできてくれます。無料ですよ!

DSC04058.jpg

入っているものは、これ。結構美味しいお菓子でした。


DSC04067.jpg


中国 青島 [中国]

中国の山東省にある「青島」チンダオ に行ってきました。青島ビールで有名ですよね。歴史的にドイツが占領していて、第一次世界大戦後に日本へ譲渡されたため、日本の建物も残っています。現在でも日本企業が多く進出していて、日本人の多いとことです。 先日の反日デモは、中国でも一番激しかったようです。

青島の海岸。寒い中、貝拾いをしている人が多いようです。

DSC03955.jpg

独特の雰囲気のある街です。

DSC03950.jpg


DSC03939.jpg


中国人にとっても人気の観光地のようで、新婚旅行に来るカップルが多いとか。共産党や軍のお偉いさんの別荘が多いようです。



DSC03958.jpg


海岸線に建てられている保養所でしょうか? 日本の葉山って感じがしました。

DSC03960.jpg


蒋介石の別荘だったところが保存されています。

DSC03966.jpg

石造りの別荘。日本でも明治時代に建築された建物にこういった洋館風のものがありますね。

DSC03978.jpg

別荘の屋上からは、この眺め。 現地スタッフがここでバーベキューしたいと言っていました。

DSC03970.jpg


高層ビルも乱立している大きな都市です。この周辺は中国沿岸部先進地域に含まれます。

DSC03972.jpg


襲撃を受けたジャスコ。今は、正常営業中でした。私が宿泊したホテルは日本人だらけでした。このまま、中日の政治問題がこれ以上民間レベルに影響しませんように。。

DSC03982.jpg

上海 北京 [中国]

今週は中国出張でした。 

上海行きの便はエコノミーで予約しましたが、ラッキーなことにビジネスクラスに無償アップグレード。
古い機材ですが、足下広々。お陰で到着後の仕事も快調でした。


DSCN3470.jpg



ANAラウンジで朝食を食べてしまったので、あまり食べられませんでした。上海は真夏でした。蝉は鳴いているし、日差しは強いし、体が慣れていないせいで、ばてました。


DSCN3468.jpg


上海の仕事を片付けて、北京へ。 この空港は世界で一番遅延が多いそうです。飛行機が出発してタクシングしてから1時間半待ちぐらいは普通です。


DSCN3491.jpg


北京の定宿である、ニューオータニホテル北京(長府宮飯店)はリニューアルで部屋は日本人好みで使い易いタイプに変わっていました。


DSCN3476.jpg


トイレもウォシュレットに大きく使い易いシャワーブース。


DSCN3477.jpg


北京では、雲南省のキノコ鍋を食べました。 一人、一鍋。


DSCN3486.jpg


様々なタレで頂きます。


DSCN3485.jpg


こんな少数民族の衣装のエプロンを使います。


DSCN3484.jpg


少数民族の方のパフォーマンス。葉っぱを楽器にした演奏が素晴らしかったです。私が日本人なので「北国の春」を演奏してくれました。


DSCN3488.jpg



エントランスはこんな感じです。こういったしゃぶしゃぶ鍋が北京では人気があるようです。


DSCN3489.jpg

上海ぶらり散歩 [中国]

先週、武漢に行った時、数日は上海で過しました。何枚かアップ。

夜景を何枚か。フランス租界だったところですから、雰囲気がありますね。


DSCN3280.jpg



バーに立寄ました。

DSCN3279.jpg


上海にしてはお高かったですが、雰囲気は、良かったです。上海オークラのバーの方が好みかも。


DSCN3278.jpg


街を歩いていると、招き猫グッズが沢山売っているお店。日本製でしょうか?


DSCN3275.jpg



沢山の種類がありますねぇ。


DSCN3276.jpg


公園の整備も良いですねぇ。


DSCN3273.jpg


街をぷらぷらと。


DSCN3248.jpg



ブリキの模型でしょうか?


DSCN3243.jpg



古い建物をそのまま使っているようです。

DSCN3242.jpg



ここで、一杯やるのには、ちょっと勇気がいりますね。


DSCN3236.jpg


こんな凄いコンデジがソニーから発売されるようですね。とても気になっています。

http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100/

DSC-RX100.jpg

武漢 [中国]

今週は、何時もの中国に出張していました。湖北省の省都、武漢(ぶかん、中国語発音:wohan)に行ってきました。

生憎の雨模様でした。一カ所だけ観光しましたので、何枚かアップ。黄鶴楼。巨大な建造物でした。

DSCN3347.jpg


DSCN3350.jpg


黄鶴楼の内部。美しい装飾がされていました。


DSCN3351.jpg


この釣り鐘を支える柱のデザインは、上海万博の中国館ですね。


DSCN3353.jpg


屋根の形は、中国のそれですね。


DSCN3354.jpg


黄鶴楼の展望室から撮影。仙人が住んでいそうですね。


DSCN3359.jpg


もともと、歴史の古い建造物ですが、日中戦争後に毛沢東が再建したそうです。


DSCN3357.jpg


霞んでいますが、奥に見えるのが、長江です。武漢は内陸部ですが、川幅はとても広かったです。荒川の河口よりかなり広いです。


DSCN3356.jpg


故宮の雰囲気にも似ていますね。


DSCN3355.jpg



こちらも、武漢の観光名所、杭州の西湖に比べられる、武漢の東湖。大きかったです。雨なので車窓から。


DSCN3362.jpg

上海 田子坊つづき [中国]

上海、田子坊の残りの写真をアップ。

写真は、出張の時持ち出す、ニコンのコンデジ「COOLPIX P300」レンズがf1.8の明るさがあって、コンデジにしては、明るいので暗いところでも明るく写せます。


DSCN3253.jpg

どんよりした天気でも、比較的良く撮れます。


DSCN3254.jpg


メニューはスープでしょうか? 

DSCN3258.jpg

店舗から少し奥に入ると、生活感溢れる景色に。

DSCN3260.jpg


田子坊地区の隣に広大な面積の台湾系ショッピングモールがあります。

DSCN3272.jpg

牛丼のすき屋、発見。ゆかたの女の子達がいました。


DSCN3263.jpg


このモールのフードコートには、25店舗ぐらい飲食店が入っているのですが、一番人気は、これ!
「丸亀製麺」 讃岐うどんのチェーン店ですが、大人気。昼時、行列が途絶えることがありませんでした。上海人は、日本の食べ物が口にあうようです。

DSCN3265.jpg

私も15分並んで、食べてみました。 日本品質でしたぁ〜。


DSCN3266.jpg


ミスタードーナツとコールドストーンでは、ミスタードーナツの勝ちのようです。日系が上海では受けるようです。


DSCN3267.jpg


サンマルクカフェも見つけましたので、ちょっとコーヒータイム。中国出張すると、ほぼ毎日中華料理なので、休日は日本食を食べたくなります。

DSCN3270.jpg

上海 田子坊 [中国]

先週から、中国の杭州(浙江省)に渡って、今は上海に来ています。

日曜日なので、上海の街をぶらぶらと。。今上海の新しい名所になってきた「田子坊」日本名:たごぼう、中国語発音:ティエンヅファンに来ています。宿泊先の上海オークラホテル(上海花園飯店)から徒歩圏内です。

こういった路地を入っていくと、迷路のようになっていて、エスニック料理などのレストランや、カフェ、アート関係のお店や小物を売るお店が沢山あります。同時に地元民の生活の場であって、独特の雰囲気があって面白かったです。


DSCN3246.jpg




日本風のファンシーショップ。

DSCN3209.jpg


お洒落な小物屋さんが多いですね。


DSCN3215.jpg



お客は、白人ばかりのオープンカフェがありました。


DSCN3220.jpg


店内は、ちょっと怪しい感じがしますが、隠れ家的で面白いです。


DSCN3226.jpg


今日は、曇り空で、気温も18度と涼しく、オープンカフェは気持ちよさそうでした。


DSCN3217.jpg


異国情緒がある、上海らいし空間ですね。


DSCN3228.jpg


ドイツ風のカフェだと中国語で書かれてありましたが。。


DSCN3231.jpg


同じ上海の「新天地」よりも作られた感じがないですね。


DSCN3232.jpg


この界隈は、上海でも高級な土地で、雰囲気の良いお店がたくさんあります。


DSCN3208.jpg


上海も紫陽花の季節ですねぇ。


DSCN3249.jpg


つづく。

新疆ウイグル自治区 [中国]

新疆ウイグル自治区のウルムチに行ってきました。中国に西端に位置していてカザフスタンやアフガニスタンとかも近隣ですから、中央アジアに地域分類されることもあります。

上空から撮影。北京から飛行機で4時間半。 成田ー北京より遠いです。

DSCN3103.jpg

ウルムチ空港です。 「ウルムチ」の文字、左が漢字で、「乌鲁木齐」と書いてあります。右がウィグル語ですがアラビア文字に似ていますね。言語がまったく違います。

DSCN3104.jpg

ウイグル族の地元料理のお店に入りました。 手づかみで食べるチャーハンのような料理や、香ばしい羊のグリル(塩胡椒のシンプルな味付け)、麺類(しこしこ麺で美味しかった。) イタリアンのようなサラダとか。店内が暗くて写せませんでした。

DSCN3110.jpg

町中では、ウイグル族以外にも漢民族、カザフ族、キルギス族、モンゴル族と様々な民族が住んでいる土地です。イスラム教圏なので独特な雰囲気を漂わせています。

DSCN3112.jpg

左前に写っている女性のような顔立ちの方も多く、中国に居る感じがしませんでした。

DSCN3115.jpg

イスラム教圏の飾り刀でしょうか?

DSCN3118.jpg

この地域の特産はフルーツだそうです。6〜8月は沢山の種類が並ぶとか。それ以外の季節は、乾燥ものですね。私もお土産で沢山のナツメ(巨大な乾燥もの)を頂きました。

DSCN3119.jpg

お土産もアラブの国って感じですね。

DSCN3121.jpg

ペルシャ絨毯でしょうか?

DSCN3122.jpg

夜の酒宴では、ウイグル産の白酒が。。 アルコール度50度!この日も大変な歓迎を受け、ホテルに帰ってから苦しい思いをしました。

DSCN3105.jpg

モスクがありますね。ケンタッキーもウイグル語で書かれてあります。世界へ配信されるウルムチの映像は、ここからが多いです。少数民族の暮らす地域の中心地のようです。

DSCN3125.jpg


DSCN3126.jpg


DSCN3123.jpg


おまけ。 上海の日本人駐在員が多く住むマンション。上海虹橋空港に近いの古北地区です。

DSCN3098.jpg

北京滞在中に雲南料理を食べました。虫料理、山盛り4種!!いってしまいましたぁ。大きなやつは巨大で流石に食べる勇気がありませんでした。 

DSCN3099.jpg

巨大な屋根型スクリーンには、ネットでアクセスしるとメッセージを表示させることが出来るそうです。

DSCN3101.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。