So-net無料ブログ作成
ハイブリッド ブログトップ
前の10件 | -

ミニバン用グッズ [ハイブリッド]

ミニバン用の様々なグッズをネットで物色しております。実際、何回も使わないと思いますが、楽天で幾つかポチッとしてしまいました。 遠出をして、万が一車内宿泊となった場合や、射撃大会なんかでの休憩スペースに出来るかな?と考えて、買ってみました。

1、車中泊マット これはキャンプでも使えますね。これを販売する通販店は、月に一度ぐらい、半値以下でタイムセールスをします。

2、ミニバンリビング  ミニバンのバックドアって広いから、雨風を防ぐ屋根になるんですよね。四方に囲えば、立派なプライベート空間になって、ちょっとしたデイキャンプのリビングになりそうです。

3、アルファード用サンシェード  アルファード用に出来ていますから隙間無く、ガラス面を覆えます。 着替えのスペースや、車中泊には必須のアイテムですね。夏場の車内の加熱防止にも効果大ですね。

4、ミニバン用網戸  リアドア用、とスライドドア用の網戸です。夏場、エンジンを止めて、休憩するのにも必要ですね。

もう秋が深まってきているので、これらを使う機会は当分ありそうもないので来年の春以降にインプレッションをお届けすることになりそうです。

















アルファード ハイブリッド [ハイブリッド]

納車されたばかりのアルファード ハイブリッドで何時もの富士山麓に来ています。


「道の駅 富士吉田」には富士山レーダーが展示されていますが、周辺は芝生広場になっていて、手入れの良い全面芝生のドッグランも完備。


DSC03712.jpg


富士山麓の紅葉も今年は遅れそうですね。

DSC03721.jpg


気温19度ととてもすごし易いです。

DSC03713.jpg


土曜日の天気は、今ひとつでしたが、気温 湿度が気持ちよいこと。

DSC03722.jpg


トヨタ アルファード ハイブリッドが正解です。

DSC03745.jpg


電気モーターが2個搭載してあって、そのうち1個は独立して後輪を駆動する電動四輪駆動車です。重心の高く、重い車重の車ですが、お陰で走行安定性はとても良いと思います。

DSC03729.jpg


内装は、黒系よりもこちらのベージュ系が好みでした。木目調のパネルも焦茶になって、高級感があがったような気がします。

DSC03732.jpg


燃費ですが、往路の東京から河口湖までの中央高速は登りが長く、不利な条件ですが、13km/Lを達成しています。2tを超える大型のミニバンを一昔前の小型車並みの燃費にしたのは、流石トヨタ。素晴らしい技術だと思います。


DSC03736.jpg


燃料を入れてから、350km走った段階でも、13,4km/Lと大変優秀です。空いた一般道を走ると15~16km/Lぐらいいってしまいそうです。

DSC03774.jpg


クラウン ハイブリッドはパワー感が気持ち良くて、どうしてもアクセルを踏み込むことが多かったのですが、アルファード ハイブリッドは、思わずエコ運転したくなるような車なので、ゆったりした気持ちで乗れる車ですね。大変静かで、思ったより乗り心地も良くて、大変満足なドライブになりました。嫁やメルにも好評のようです。

ミニバン [ハイブリッド]

長らく引っ張りましたが、新しい車が今晩、納車になりました。今日にしたのは、大安で納車可能な一番早い日だったからです。

このメーターパネルだけで、判る方は簡単に判ってしまいますね。燃料が無いのですが、夜遅かったためスタンドに行けませんでした。

DSC03701.jpg



足下は広々! メルもゴロゴロ出来そうです。私も試しに後部座席にふんぞり返ってきました。 快適です。


DSC03700.jpg


今週末3連休には、これで、何時もの富士山麓へ行きます。 暗かったので、あまり撮影出来なかったので、ファーストインプレッションは、後日記事にしたいと思っています。

日産ギャラリー横浜 グローバル本社 [ハイブリッド]

日産ギャラリー横浜に行ってきました。日産ギャラリーには駐車場が無く、少し離れた場所にある提携パーキングがあります。(半額になります。) 日産のお膝元だけあって、リーフが沢山駐車していました。充電中のリーフ。

DSC03422.jpg

TOYOTA製? の充電器ですね。

DSC03423.jpg

2F通路から大きな展示場のような空間が広がります。

DSC03425.jpg

日産といえば、実質EVのパイオニアですね。初代モデルから、リーフの完成度は素晴らしいです。

DSC03426.jpg

でも今日の私の目当ては、この車。この15年ぐらいは、トヨタの車を乗り継いでいますが、次期マイカーはミニバンを検討中。先日、トヨタのアルファード ハイブリッドに試乗したので、今度は日産のエルグランドです。エルグランドのチューニングバージョン。

DSC03427.jpg

2列目シートが秀逸。気に入りましたぁ。

DSC03428.jpg

飛行機みたいに自動開閉する、11インチの画面。インテリアの高級感はアルファードよりかなり上のような気がします。

DSC03430.jpg

DSC03431.jpg

運河沿いにカフェもあります。

DSC03433.jpg

日産は、全ての車が触って見られる展示スペースが、この施設しかないなので、貴重です。

DSC03434.jpg

日産のハイパフォーマンスカーといえば、GT-Rですね。2012年モデルです。

DSC03436.jpg

お値段、なんと1,500万円! こんなに高額になってしまったのですね。これでは、本当に一握りの恵まれた方のみのスペシャルカーですね。

DSC03435.jpg

インテリアは、革を選べて色々好みにコーディネイト出来るとか。イタリアの高級スポーツカーみたいですね。

DSC03438.jpg

後ろも迫力があります。

DSC03437.jpg

Zのオープンカー。

DSC03442.jpg

昔のZも展示中。

DSC03450.jpg

日産リーフは一度試乗させてもらったのですが、完成度の高さは素晴らしいの一言。もう少し走行距離が延びて、コストがもう少しだけ下がれば、多くの人が購入するでしょう。

DSC03448.jpg

スマートグリッドのビジネスチャンスは、産官学が一体になって、日本が世界をリードしていって欲しいものです。災害対策としても有望ですね。EVは、ガレージ所有している方が適していますね。

DSC03446.jpg

日産グローバル本社は、横浜港の運河に沿って、建設されていますが、災害時のリスクヘッジは大丈夫でしょうか? 

DSC03457.jpg

もう少し時間があったら、ゆっくり過してみたい空間でした。

DSC03458.jpg

DSC03452.jpg

トヨタ新型車 [ハイブリッド]

お台場のメガウェブへ、トヨタから発売間もない新車を何種類か見てきました。

まずは、アルファード ハイブリッドを試乗してきました。車輛価格550万円と国産ミニバンの頂点になるでしょうか? 次期マイカーは、初ミニバンを検討しているだけに試乗したかった1台です。

DSCN2752.jpg

短時間の試乗ですが、低速で走る時は、モーターで滑らかに走り出して良いのですが、少しスピードが出ると、乗り心地は上質ではないし、価格にしては、色々?が多くつく印象でした。でも大きなボディーの割には、車高が高いので見切りが良く運転がし易かったです。クラウン ハイブリッドは購入する前にこちらで試乗しましたが、とても感動しまた。一方今回のアルファード ハイブリッドは、正直物足りなさを感じてしまいました。

DSCN2758.jpg

別のアルファードの展示車の二列目シート。この足下の広さは素晴らしいです。

DSCN2746.jpg

こちらは、私の世代では懐かしい86のネーミングが付いた、トヨタとスバルの共同開発のスポーツカー。若者が買えるスポーツカーを目指したとか。私も若かったら乗ってみたい1台です。

DSCN2749.jpg

エンジンは、スバルの水平対向エンジン。重心がとても低く出来る利点があるそうです。

DSCN2748.jpg

デザインもなかなかやりますねぇ。

DSCN2731.jpg

後方からも走りそうな予感がしますね。常に人だかりになっているぐらい注目度が高い1台。

DSCN2733.jpg

こちらは、プリウス プラグインハイブリッド。従来よりも10倍、モーターだけで走れる距離が延びました。燃費は60km/Lを超えるとか。。 

DSCN2735.jpg

近い将来、こういった車ばかりになるのでしょうね。

DSCN2734.jpg

良かったのは、これ。レスサスの新型GS。こちらはハイブリッドモデル。クラウンハイブリッドと同じハイブリッドシステムですが、高級感はかなり上ですね。

DSCN2738.jpg

感激したのは、このインテリア。インパネ周りのデザインは、外車を含めて、最上級の出来と思われるぐらい素晴らしいものでした。ウッド部分は竹でしょうか? 凄い試みですね。

DSCN2740.jpg

操作系も出来が良さそうです。このインテリアだけでも価値が高いですね。本気で欲しくなってしまいます。

DSCN2741.jpg

前のGSに比べて数段デザインが洗練された後ろ姿。

DSCN2739.jpg

竹を使ったインテリアは、日本の銃メーカー「ミロク」が制作しているようです。こんなVTRを見つけました。実際にとても質感が高くて、肌触りの気持ち良さを感じました。




最後の新型車は、「アクア」 プラグインハイブリッドを除けば、最高燃費をたたき出すコンパクト ハイブリッド車。 かなり売れているようです。トヨタの収益が落ちているようですが、これだけの新車が本格発売になってくる今年は、順調に業績を回復してくれそう。トヨタの株式を僅かばかりですが持っているので、今後も期待しています。

DSCN2742.jpg

エルグランド  [ハイブリッド]

リーフのついでに前から気になっているミニバン、「エルグランド」を見せてもらいました。実は、幼なじみがエルグランドの設計開発にかかわっているようで、もし買うのであれば、安くしてくれるとのことです。
エルグランド ハイウェイスター 3500ccプレミアム
SSCN2314.JPG

なかなか高級感があります。トヨタ、アルファードより私は好印象。

SSCN2312.JPG

この車の真骨頂は、これ!2列目シートの快適性でしょう。 シートが素晴らしい。低床なので、乗り降りもしやすいです。

SSCN2315.JPG

大型スポイラーは少しやり過ぎ? 全体のバランスは良いですね。

SSCN2316.JPG

3列目シートも充分長時間乗車に対応出来る出来栄え。電動で収納、展開が出来ます。

SSCN2317.JPG

ウォークスルーが良いですね。シートアレンジは、あまり無いようですが、この割り切りが良いと思います。車中泊も1〜2泊だったら出来るかも? メルの乗り降りも楽に出来ますね。

SSCN2318.JPG

アイポイントもセダンよりは高いですが、違和感ないもの。見下ろし感が欲しい人でなければ、好ましいポジションです。乗り降りがし易いのが嬉しいです。

SSCN2319.JPG

パノラマビューモニター。これだけ大型のミニバンですと、上方位置から360度見渡せるのが、便利です。

SSCN2320.JPG

ホイールは18インチ。それでいて、乗り心地、静粛性も抜群です。

SSCN2322.JPG

トランクは、フロアーカバーを開けると結構深いです。

SSCN2321.JPG

これは、気に入りましたぁ〜。 リーフとは180度違う車ですが、一度はこんな車で、メルを連れて遠出してみたいです。

電気自動車 日産リーフ [ハイブリッド]

前から気になっていた、電気自動車「日産リーフ」の試乗をしてきました。

ワインレッドのボディー。ファニーフェイスですね! 空力が良さそう。エンジンが無いから、ポルシェみたいなカエル顔になるのでしょうか?

SSCN2299.JPG

デジタルの計器。右のグラフ表示が電費計。充電の状態や、後何キロ走れるか表示します。

SSCN2301.JPG

操作系の説明を受けます。プリウスとあまり変わりませんが、ハンドブレーキは、変速機後方のレバーで操作します。未来を感じる操作感、デザインでした。

SSCN2302.JPG

出発! トルクフルで、滑らかな加速です。大きな排気量の高級車のイメージです。生理的に気持ちよさを感じます。

SSCN2303.JPG

ハンドリングも不満な点は、一切ありませんでした。車幅や前後の見切りも良いです。
後部座席もなかなかの居住性。

SSCN2309.JPG

リアのスポイラーの前には、太陽電池パネルが装着。これで少しばかり充電も可能とか。素晴らしい!

SSCN2310.JPG

これが充電ソケット。右が一般家庭用のコンセント。左が急速充電用です。

SSCN2306.JPG

家庭用の充電コード。

SSCN2308.JPG

後部トランクは、深さがあります。燃料タンクもマフラーも無い車です。右の黒いバッグは、充電ケーブルを入れておくものです。

SSCN2304.JPG

問題は、充電時間と走行可能距離ですね。都内走行はまったく問題ないのですが、我が家は頻繁に富士山麓に行きますので、片道、高速を速いペースで走って110km程、充電無しで走れると有難いのですが。。  それにしても高いレベルで、仕上げらていました。日産自動車やりますねぇ。

SSCN2311.JPG

電気自動車は、バッテリーとモーターだけあれば走れるので、どんなメーカーでも作れるというアナリストがいますが、そう簡単なものではないですね。四輪メーカーの走行安定製や、操作系の使い勝手、信頼性、安全性、快適性についてもノウハウがぎっしりだと思います。日本のメーカーがリードしていって欲しいものです。リーフはトヨタ党の家内も気に入っていました。私も欲しくなっております。

プリウスα [ハイブリッド]

お台場にプリウスのワゴンを見に行きました。

プリウスをグラマラスにした感じでしょうか?
SSCN0638.JPG

フロントシート。
SSCN0637.JPG


5人乗りのトランクルームは広大。大きなゴルフバッグも余裕で収まります。
SSCN0644.JPG


こちらは、3rdシートの7人乗り。トランクの容量はミニマム。
SSCN0641.JPG


2列目から3列目に乗り込みます。意外と3列目も座れる感じ。2〜3時間は問題無さそう。
SSCN0639.JPG


3列目シートを倒すと広大な空間が広がります。自転車も前輪を外せばそのまま入りそう。

SSCN0640.JPG

トヨタ初の樹脂製のダブルのムーンルーフ。 軽量にできているそうです。
SSCN0642.JPG


インパネも、プリウスと違います。より操作性が良さそうに見えます。
SSCN0643.JPG


メルは、7歳になるのですが、避妊手術をしました。 ヒート後のトラブルが出て来たので、これからシニア犬の部類に入りますが、色々な病気を予防するためです。 犬の命って短いから、出来るだけ病気をせずに長生きしてもらいたいです。 手術後1日入院で、帰宅したメル。最初ぐったりしていましたが、我が家で落ち着いてきたのか、次第に元気になりました。
SSCN0645.JPG


今日のメル。 こんなに元気になりましたぁ〜。梅雨入りで外で遊べなくて残念!
SSCN0646.JPG

電気自動車(日産リーフ) [ハイブリッド]

銀座・日産ギャラリーで今話題の電気自動車リーフを見てきました。日産のグローバルでチャレンジングな事業! 関連ビジネスモデルとしても大きな注目をあびています。世界初の本格電気自動車の発売です。


エアロモデルでしょうか?かなり車高が低いのでデザインモデルかも?

DSC02558.JPG

横から。先代マーチからの日産のデザインらしい造形ですね。車格は、もっと上の仕上がりです。

DSC02560.JPG

これは、急速充電器です。

DSC02559.JPG

日産の先進的な電池技術。こういったシートを積み重ねたタイプ。

DSC02561.JPG

フロントデザインも未来を予感させるものです。

DSC02562.JPG

急速充電器のプラグ部分。

DSC02563.JPG

スイッチと液晶表示。

DSC02565.JPG

運転席まわりのデザインもがんばっています。 IT技術満載のようです。

DSC02566.JPG

フロントの部分に充電ソケットがあります。

DSC02568.JPG

右:急速充電と左:普通充電のポートが並びます。

DSC02571.JPG

一度試乗してみたいです。近い将来、自分が電気自動車に乗っているのをイメージ出来ました。

グリーン電力証書 [ハイブリッド]

トヨタのハイブリッド車を買うと、こんなものが届きます。「グリーン電力証明書」500km走行したのと同じCO2排出量をオフセットされたことを証明するものです。

クラウン・ハイブリッドですと、184kWh/台だそうです。いわゆるカーボンオフセットといわれるもので、その分が自然エネルギー発電所に還元されて、発電施設の運営・維持に使われます。ですから、自然エネルギーの普及や拡大に役立つわけです。 

DSC02096.JPG

私のは、バイオマス発電に役立てて頂けるようです。ハイブリッド車やEVを選ぶ方は、きっと地球環境とかも関心を持っていると思うので、トヨタのこういったはからいは、嬉しいプレゼントと感じるかと思います。

DSC02098.JPG

日本は、高度経済発展の時期に国際的にも稀に見る深刻な公害をもたらしましたが、同じように、今の中国を観ていても危うさを痛感しています。この分野では、日本が経験に裏打ちされる高い対応技術で、世界をリードしていって欲しいものです。自分も微力ながら地球環境の保全に力を尽くしたいと思っています。



最近買ったもので、良かったのは、これ。中国語のカラー電子辞書。使い勝手良し。中国語を勉強するには、必須の一台でしょう。

DSC02097.JPG
前の10件 | - ハイブリッド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。